本ページはプロモーションが含まれています

もやしを冷凍はいつまでもつ?日持ちや解凍方法と人気レシピも紹介

安価で手軽に手に入り、シャキシャキとした食感が魅力のもやし。しかし、冷凍すると美味しくなくなり、酸っぱい臭いがすると思ったことはありませんか?

実は、冷凍したもやしが美味しくなくなり、酸っぱい臭いがする原因は、もやしに含まれる水分による傷みです。

「もやしは冷凍できるの?」と思われるかもしれませんが、もやしは冷凍可能ですし、適切な方法で冷凍すれば美味しさや臭いも問題ありません。

今回の記事では、冷凍したもやしが傷む理由、正しい冷凍方法、そして冷凍もやしを使った美味しいレシピを3つご紹介します。

安価で家計に優しいもやしを冷凍保存できれば、とても便利ですよね。

もやしの正しい冷凍方法とレシピを一緒に紹介しますね♪

目次

もやしを冷凍したらまずい?酸っぱい臭いの解決策は?

先ほども紹介しました通り、もやしを冷凍するとまずくなり、臭いがする時があります。その原因は、もやし自体に含まれる水分です。

もやしを購入して袋ごと冷蔵庫に入れておくと、数日で袋の中に水が溜まり、もやしが茶色く変色することがあります。私も同様の経験があり、臭いをかぐと酸っぱい臭いがして、食べることができませんでした。

もやしは約90~95%が水分でできていることに驚くかもしれません。その水分のおかげで、もやしのシャキシャキした食感が生まれています。

しかし、この水分がもやしを腐食させ、まずく臭いの原因となります。冷凍したもやしを解凍する際に水分が滲み出し、もやしを傷つけることが問題です。

解凍時に水分が溶け出し、細胞から滲み出す現象を「ドリップ」といいます。これにより、食感が損なわれ、うまみや栄養、味も失われます。

冷凍したもやしを解凍せず、水洗いしたまま冷凍のまま加熱調理することで、ドリップを防ぎ、うまみや栄養を保ち、シャキシャキした食感を楽しむことができます。

注意点としては、冷凍したもやしは必ず加熱してから食べるようにしてください。

また、下記では冷凍したもやしを使った美味しいレシピも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

もやしを冷凍するなら袋ごとでもOK

次に、もやしの正しい冷凍方法を紹介いたしますね!。方法は非常に簡単です。

もやしを冷凍する場合は、袋ごと冷凍庫に入れるだけでOKです!

保存容器やラップは必要ありませんし、特別な道具も必要ありません。もやしを購入するだけで、今日からすぐに実践できます。

ただし、これは未開封のもやしに対しての方法です。

もし「開封してしまったもやしの残りを冷凍したい!」という場合には、次の方法で冷凍しましょう。

開封したもやしを冷凍する場合
袋から出し、冷水で洗って汚れを取り除きます。
その後、キッチンペーパーで水分を十分に吸い取ります。
最後に密閉容器に入れて冷凍庫で保存します。

ひと手間は必要ですが、開封済みのもやしでも問題ありませんよ♪

重要なのは、キッチンペーパーで丁寧に水分を取ることです!

強く押しすぎると細胞が潰れ、水分が出てしまうので、優しくぽんぽんと水分を取り除いてください。

保存容器に入れて冷凍した場合でも、解凍はせず、あらかじめ洗ってあるのでそのまま調理に使用することで、美味しく召し上がれます。

ベリパッ!楽天市場店
¥980 (2024/05/20 10:38時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\商品券4%還元!/
Yahooショッピング

買ってきた袋のまま冷凍庫に入れることに抵抗がある場合にも、この方法を試してみてくださいね!

もやしを冷凍したら日持ちはどのくらい?

もやしは水分が豊富な野菜なので、消費期限は通常2〜3日間程度です。

もやしを冷凍する場合、1〜2週間が目安で、最長でも3週間以内に使用しましょう。

冷凍していても、生鮮食品はできるだけ早く使い切るのがベストです。

冷蔵保存でも冷凍保存でも、異常な様子が見られた場合は、腐食している可能性があるので、安全のため廃棄しましょう。

もやしを廃棄するタイミング

表面がヌルヌルしている
茶色く変色してふにゃふにゃしている
洗っても酸っぱいような臭いがする
食べた瞬間に味に違和感がある
など

もやしは傷みやすいので、すぐに使う予定がない場合には袋ごと冷凍することをオススメします。

冷蔵保存のもやしを美味しく調理するポイント

冷蔵保存中のもやしを美味しく調理するためのヒントを、ここで2つお伝えしますね。

まず最初は、「50℃のお湯で洗う」という方法です。

50℃のお湯は、もやしが水分を吸収するのに最適な温度であり、よりシャキシャキした食感を引き出すことができます。

方法は非常に簡単で、50℃のお湯(熱湯1:水1が目安)に1分間浸すだけです。

この方法はレタスなどにも効果的なので、ぜひお試しください♪

次に、「すぐに食べられないときは弱火でじっくり炒める」という方法です。

先ほど述べたように、ドリップは壊れた細胞から滲み出します。

細胞の破壊は強火で急速に炒めることでも起こりますが、時間が経つと水分が滲み出し、もやしがべちゃべちゃになります。

中華料理店で食べるもやし炒めは、強火で急速に炒められ、すぐに提供されます。水分が滲み出す前にすぐに食べられるので、べちゃべちゃになることはありません。

もしもやし炒めを作ってもすぐに食べられない場合は、NHKの「ためしてガッテン」でも紹介された方法を試してみましょう!

ためしてガッテン流!水分があまり出ないもやし炒めの作り方
1:火をつけない状態でフライパンに油をひきます。
2;もやしを加え、火をつけてから弱火に調整し、時間をかけて優しく炒めます。
3:火が通ったら、さっと味付けをして完成です。


もやし炒めは一気に強火で!というイメージが一般的ですが、家庭で調理する場合にはゆっくりと炒める方が細胞が壊れず水分が出にくいです。

作り立てから食べるまでの時間や他の料理との兼ね合いを考慮して、作り方を変えてみると、より美味しく召し上がれますよ♪

冷凍もやしを使ったレシピ3選

それでは、冷凍もやしを活用した簡単で美味しいレシピを3つお届けします。

冷凍方法は、袋ごと冷凍する方法を参考にしてくださいね。

冷凍もやしのハムサラダ

【材料】3人分
冷凍もやし:1袋分
ハム:3~5枚お好みで
きゅうり:1/2本

【調味料】
醤油:大さじ2
お酢:大さじ1
砂糖:小さじ1
顆粒和風だし:小さじ1
ごま油:大さじ1
白いりごま:適量

【作り方】
1:きゅうり&ハムを千切りにしておく
2:冷凍したもやしを沸騰したお湯に入れ、1分程度茹でてから水気を切る
3:ボウルに1と2、味付けの調味料を入れて混ぜ合わせる
4:器に盛り付けて完成

茹でたもやしに調味料を加えるだけの、手軽なレシピです。

もやしはシンプルなので、めんつゆやマヨネーズなど、さまざまな味付けで楽しめるサラダにもぴったりですよ♪

冷凍もやしと卵のお味噌汁

【材料】4人分
冷凍もやし:1袋分
生卵:2個
出汁:600ml
味噌:お好みの量で

【作り方】
1:沸騰した出汁に冷凍したもやしを入れ1分ほど火を通す
2:弱火にし、溶いた卵を円を描くように回し入れる
3:お好みの量で味噌を溶き、一度煮立たせたら火を止める
4:器に盛り付けて完成

私もよく作る、簡単で美味しいもやしのお味噌汁。オススメですよ♪

彩りに浅葱を散らすと見た目も良くなり、風味もアップしますので、お好みで加えてみてくださいね。

冷凍もやしの豚バラ炒め

【材料】2人分
冷凍もやし:1袋分
豚バラ肉:250~300g
ニラ:1束

【調味料】
ごま油:大さじ1
ニンニクチューブ:1片分
塩・こしょう:少々
鶏ガラスープの素:大さじ2

【作り方】
1:ニラをもやしと同じ長さに切り、豚バラ肉には塩・こしょうを振って下味をつけておく
2:火をつけたフライパンにごま油を敷き、ニンニクチューブを1片分入れて香りを立たせる
3:豚バラ肉を入れて火が通るまで炒める
4:冷凍もやしとニラを入れて1分ほどさっと炒め、鶏ガラスープの素で味付けをする
5:火を止め、皿に盛り付けて完成


定番の炒め物は、冷蔵庫の整理にも役立ちますね。

余っていたニンジンや玉ねぎを加えても美味しくなりますよ♪

冷凍もやしは加熱調理が必要ですが、他にもたくさんのレシピがあります!

家計にやさしいし、ダイエットにも向いているもやしには、実はたくさんの栄養素が含まれています。

もやしは意外にも栄養が豊富!

「もやしには栄養が少ない」という誤解を聞いたことがありませんか?これは誤解ですよ!

実際には、もやしには豊富な栄養が含まれており、健康に良い食材なのです。

もやしに含まれる栄養素
①ビタミンC(アスコルビン酸)
結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必要な化合物です。
毛細血管や歯などの働きを正常に保ち、皮膚のメラニン色素の生成を抑制してくれるので、日焼けを防ぐ作用もあります。
抗酸化作用も注目されており、がんや老化の防止にも有効であると期待されています。

②アスパラギン酸
非必須アミノ酸の一つ。アスパラガスに多く含まれていることが名前の由来で、疲労回復効果もあることから栄養剤にも使用されています。
窒素やエネルギーの代謝に関係していることが報告されており、アンモニアと結合するのでアンモニアの解毒作用もあります。

③カリウム
成人の体に約200g含まれています。
ナトリウムと交互に作用し、細胞の浸透圧を維持したり、水分の保持をしたりするのに重要な栄養素です。

もやしには栄養がないと思われる理由はおそらく、約95%を占める水分量だと思いますが、実際には体に嬉しい栄養素もちゃんと含まれています。

ちなみに、もやし一袋(200g)のカロリーは約29kcal、糖質量は2.5gと、ダイエットにも最適ですよ。

安価で低カロリーで低糖質、なおかつ栄養も含まれているとなれば、日々の食卓に取り入れなければ損ですよね。

冷凍保存も可能なので、うまく活用していきましょう♪

まとめ

もやしを冷凍するとまずい&臭いの原因は、もやしから出る水分だった!
冷凍したもやしは解凍せずに加熱調理をする!生食はNG。
もやしを冷凍させるときは袋ごとでもOK!密閉容器でもできる。
もやしは冷蔵で1~3日、冷凍なら2週間以内に使い切るのが目安。
冷蔵保存のもやしは50℃のお湯で洗い、弱火でじっくり炒めると水分が出にくい。
冷凍したもやしを使ったレシピは豊富で、栄養もしっかり含まれている。

安価で美味しいもやしは、食卓の強い味方ですよね。

冷凍保存を上手に活用し、美味しくシャキシャキ食感を楽しみましょう♪

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次